読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Of Mice and Men

梅田サイファーのKZです。音楽とそれを取り巻く諸々について。

DutchBaby というグループについて

音源はこちら

CDの販売

【予約販売】SELCA / DutchBaby (from U.C.&TTB) - TinyTitanStore

CD + Tシャツの販売

【Exclusive sale】SELCA【+TEE】 - Octuple

メインテーマの前に

まず、最初に少しだけ違う話を。
「自分が音楽とどう付き合うか」ということを最近良く考える。
「食う」と言うのは端から興味がなかった。
はじめたての頃にお金に躍起になって、大好きな音楽や仲間を傷つけてる人を見ていると、「ああはなりたくない」と思ったし、
その上で好きな子や、自分の未来を考えるとポジティブに「趣味」ですと言えるようになっていった。
 

f:id:kz_thr:20151208215057j:plain

さらに、「バイトしてる」ことをひた隠してたり、豪勢な生活をしてるように見せて借金だらけの人や、悪ぶってる真面目だったり、
お題目のように「リアル」を語るくせに、この界隈は「臭いものには蓋」と言うのが蔓延してるのは今でも嫌いだ。
 
むかし、先輩ラッパーがバイトしてる事を呟いて怒られた話しを聞いたが、そういうことなんだろうと思うと寂しい気持ちになる。
俺は、アイドルになりたい訳じゃないし、そんな歳でもない。

知ってもらって、理解してもらって、その上でリスナーと関係が気づければいいと思ってる。

着飾ってカッコつけるのが、カッコ悪いと思うようになった。
さらけ出して、振り向いてもらえるように、もっと音楽の強度を高めないとも思う。
もっと、話したいことはあるけど、考え方の触りは分かってもらえたと思うので、ここまでで。
 

DutchBaby from TTB , U.C. というプロジェクト

始まりは何だったか、良く覚えてない。
多分、「S / W KZ,tella are TK」をリリースした後に関東組(梅田サイファー周りで遊んでて、関東にいる人たち)で
何か1つ作品を作りたいなと考えたのが最初だった。
s / w

s / w

  • KZ,tella are TK
  • Hip Hop/Rap
  • ¥1050
 
映像も手掛け出した矢先だったので、映像も絡めたものをやりたいと tella に話したのを覚えている。
あとは「シティ感」があるものを作りたいと思った。それは、音的に映像的にも歌詞的にも。
少し前に、なんとなく 1 日で Rec して MV をとって遊びで作った CIDER と言う曲がある。

多分、ベースはこの感じの曲なんだと思う。そんなこんなで春先から始まったプロジェクト。
 

音源はこちら

CDの販売

【予約販売】SELCA / DutchBaby (from U.C.&TTB) - TinyTitanStore

CD + Tシャツの販売

【Exclusive sale】SELCA【+TEE】 - Octuple

 

曲の話

曲のテーマは「朝」「昼」「晩」「未明」、そして曲のタイトルは「Scrambled Eggs」「SQUARE」「Last Line」「Townlights」です。
勘の良い人は気づくけど、もろもろかかってて、サブテーマは「朝の交差点」「昼の公園」「終電間際」「明け方の街」です。
各自の歌詞も読み解いてくれれば嬉しいです。俺は、 1 人の女の子との模様を全曲に渡って書いてます。
 
音も、ホシノコくんが呟いてた通り、良い意味で外しと展開がきいてる曲が多い。
今回のこのプロジェクトは、ホシノコくんの力がなければ難しかった。ありがとう、ホシノコくん。
 
あとは、撮影に協力してくれたモデルの女の子もそうです。
「Scrambled Eggs」で可愛らしさを見せてくれたみおちゃん。

 

自分のバースの最後「太陽みたいな黄身と透明な空気が混ざる交差点」は良い比喩だなと思いました。
 
「SQUARE」は、こずえちゃんです。彼女が若い頃から知ってるだけど、ほんとに端正な顔立ちだなと思う。
あと圧倒的な天真爛漫さが、画面からでも伝わればと思います。

 

恥ずかしいけど、こう言う曲になるとポップに殺されないようにと韻をたくさん踏みたくなる。
こう言うところが、スタイリッシュじゃないんだろうな。
ちなみに「何は無くとも It Was A Good Day」は、ここ最近ですごく好みのフレーズです。
 
「Last Line」は、今回の推し曲です。映像もフォーマルな服装のみおちゃんの色気が良いです。
この曲の歌詞はすごく好きで、自分が大阪時代に働いてた時を思って書きました。
まだ別々の場所に住んでいた彼女とのことを思い出してました。
つい先日、Rと車の中で聞いていたときに、バースの最後の歌詞を褒めてくれたのは嬉しかったです。
「君は時計を気にしなくて その訳を俺は気にしてる」

 

そしてラストの曲は「Townlights」です。
明け方という時間には、夢から覚める、微睡む、というイメージがあって、これを将来の展望とかけてます。
大人になるか、子どもでいるか、それを自分ではなくて「彼女」を通して書いたバースです。
 
 
蛇足だけど、夜に皆で映像を撮りに行くのは楽しい。
 

最後に

音楽を、それもニッチな音楽をやってると、ポップとの付き合い方が難しいなと痛烈に思う。
「普遍性」と「独自性」をどう混ぜ合わせるかを悩む。曲調とテーマがかわってもリリックの強度は保ちたいと感じました。
出不精の夏に出かける用事を作れたし、普段はそんなに一緒に曲を作らない HATCH とコマツと曲を作れたし、
MV の撮影と編集の経験もつめたし、まー、良いプロジェクトでした。
 
 

Live情報

おそらく、最初で最期の Live が 12 日にあります。
Kenさんのイベントです。物販もするし、良ければおこしやす。
 

f:id:kz_thr:20151209161718j:plain

綺麗な女の子が出演するMVと1年の季節をテーマにしたアルバムの作り方

 先日リリースした「s / w」について少し

s / w

s / w

  • KZ,tella are TK
  • Hip Hop/Rap
  • ¥1050

  

「s / w」は、知っている人は知っていると思いますが、そもそもは「c」というEPが下地になってます。

 

※画像はMVの一場面です。MVは一番下に。

f:id:kz_thr:20150314231256j:plain

製作の春

まず、始まりはtellaが3月か4月ごろに神奈川へ越してきたことでした。

そこから、あれは5月かな。遊ぶ機会があって、曲作りをしようとなりました。

  

その時に出来たのが、「pm」でした。今でも我ながら良い曲と思います。

 

夏の昼に遊び、そこから一旦帰宅してまた遊びにいく。

ちょっと、切ない夏の夜の空気が出ていてすごく好きな曲です。

トラックも情緒があるし、Hookのメロディーも気持ち良く今でも良く聞きます。

 

出来た当初は「良い曲出来たやん」と喜びました。

本筋から少し脱線するけど音楽を無償に近いとこで作り続ける喜びは「クオリティ」と「身内の評価」によります。

「自分で聞いてもニヤけちゃうし、早く梅田の皆に聞かしたい」そう思える曲は良い曲です。

そういう意味では「pm」は間違いなく「良い曲」でした。

せっかく、良い曲が出来たしあと何曲か「夏」をテーマに作品を作って、まとめて形にしようと話しました

 

「c」をリリースした夏

そして「c」と言うEPが出来ました。ちなみに、「c」の曲はストーリーを微妙に繋げつつ、1日の時間の流れをテーマにしてます。

am / 朝、cc / 昼、 pm / 夜、em / 明方って流れです。

 

ONGRとして、トラックの精度も上がりだした時期だし、リリックもテーマに沿って書くことを楽しみながら作りました。

何より、関東にきてラップする時間が減った鬱憤を吐き出せた喜びを噛み締めながら作りました。

R-指定にもskitに参加してもらい、grのMVに出演したはらぼーにジャケットを頼みました。

 

確か「c」をリリースした日は、ちょうど華金でtellaと大阪に夜行バスで帰る日だったはず。

夕方にすごい雨が降ってて夜にはあがる、そんな日でした。

バスの乗り場に向かいながら涼しい風にリリックをさらわして、出来立てのEPにニヤニヤしてました。

 

最終的に「c」は1500弱ぐらいDLをしてもらいました。ありがとうございます。

 

GckoLabの秋

リリース後はGeckoLabとして「しょーま」と「cherry」を招いたセッションを映像作品にしました。

ちょっと子供じみてて馬鹿っぽいんですが、「生の音」ってええなー思いました。

 


【GeckoLab】pm【Session】 - YouTube


【GeckoLab】 am【Session】 - YouTube

 「奈良20時」の話 

あと、前後しますがお盆に大阪で戦極がありました。

その時に、台風のせいでまっちゃん(MC松島)の飛行機が飛ばないという事態が発生しました。

ここぞとばかりに恩着せがましく、無理やり呼んで我らのスタジオDFBRに泊まってもらいました。

その時に、まっちゃんとdoikenが「制作スピード」を競いあって、最終的にEPを作ると言う話になりました。

二人にお願いをして「c」のRemix派生として「奈良20時」を作ってもらいました。

「奈良20時」は無限ループになってたり同じ文章だけどニュアンスが違うリリックで遊んだり、すごく面白い作品です。

 

冬も音楽をしよう 

そこから秋になって、tellaとせっかく「夏」をテーマにしたから「冬」もテーマにEP作ろう。

「c」をちゃんとマスタリングして、さらに「冬」の曲も足して販売しようとなりました。

今回はONGRのトラックだけではなく、GeckoTribeもトラックを作り冬のイベントを追う構成にしました。

tellaは「初めての女の子との冬」、俺は「長年付き合った女の子との冬」という目線でリリックを書いてます。

 

俺は夏よりも私生活に近いリリックになったと思います。

例えばyeやwhの俺のリリックは、今だから歌える言葉です。

 

ye

「スマートな雑誌の新作アイテム 大丈夫、ハニー心配ないぜ 

 出会った頃からこのジーンズを穿いてる 色落ちしていく日々一途に愛してる」

 

wh

「寂れたホーム 白い息がのぼる お互いの両親へのコール

 寂れたホーム 白い息がのぼる スーツの皺に緊張 ほぐしてくれジョーク」

 

自分の人生から切り取って良かったなと思う歌詞が多いです。

 

あと、前回の「c」もMVを作ろうって話はしていのですが、今回はちゃんとMVを作成しました。

出演してくれたAngieとHaraBowには多謝。

 

 

その他にも、MVを1本とGeckoLabを1本制作しました。

 

 

まー、長ったらしく書きましたが大好きな歩道橋を離れて、関東に来た意味はあったなって思える作品です。

手にとって耳にして貰えると、気に入る曲があると思います。

良ければ是非。 

s / w

s / w

  • KZ,tella are TK
  • Hip Hop/Rap
  • ¥1050

 

言葉の格闘技って知ってる? 戦極第11章 関西無双編

最近流行っているMCBattleに参加したので、それについてです。

先日の戦極について、少し書物を。 

まず、トーナメント表です。

 f:id:kz_thr:20150301180910j:plain         f:id:kz_thr:20150301180935j:plain 

 

八百長かってぐらい綺麗なトーナメント表でした。

正社員さんならやりかねないので怖いです。(冗談) 

優勝はGOLBYさんでした。

  

関連動画


GOLBY MC battle collection - YouTube

見ていただくと分かるように、手本になるぐらい綺麗な「押韻型」のMCです。

4小節同じ母音で4~8字程度踏み、連鎖的にパンチラインを作り上げるMCです。

 

特にビートがはまると、8小節目に向かって歓声が倍々ゲームのように増えて行くので見ている側も楽しいです。

音源

Mr.DJ / TRINITY - YouTube

 


YABEEE SHIT! REMIX-アスベストEDITION-feat.GOLBY ...

 

あと、気になったこと

・ベテランはやはり強い

ベスト8のメンバーは以下です。

 

CIMA、JAKE、KEN THE 390、KZ、GOLBY、KBD、諒太、KOPERU 

 

各人の詳細なキャリアは分かりませんが、諒太くん以外は5年以上はやってるMCだと思います。

じゃあなぜ、ベテランが強いかというと「アンサーの力」じゃないかなーと思います。

自分もKENさんに負けて思ったのは、「アンサー」の強さでした。

基本的に、「韻」「フロー」「アンサー」ってのがMC Battleの判定要素(すごく大雑把)だと考えてますが、

その中で「韻」や「フロー」に比べて「アンサー」は経験がいるから、そこがベテランの強さに繋がるんですかね。

いずれにせよ、この部分はいつか語りたいです。

 

・ゴリラ問題

MC Battle には数人?数頭?「ゴリラ」と呼ばれるMCがいます。

 

 

 

今大会はその「ゴリラ」MCが一堂に会す大会でした。

 

まず、この「ゴリラ問題」のスタートは、確かUMBでチプルソさんがKBDさん言った「ゴリラの息子」というワードでした。

これが、梅田サイファーでかなりバズりました。「ゴリラの息子」、これ言い得て妙。

チプルソさんの言語感覚の素晴らしさだと思います。

 

そしてこの大会ではKBDさんがNAIKAさんを倒し、そのKBDさんを倒したのはGOLBYさんでした。

今回の「ゴリラ」対決の勝者はGOLBYさんでした。

帰りがけ、楽屋でずっと自分が「ゴリラ」ではないと言っていたGOLBYさんが

KBDさんの熱い説得に「もう認めるよ」とうなだれていたのが印象的でした。

 

・Battleファンの素晴らしさ

トライアングルであそこまで入ると休憩しずらい空間になる中、遊びつくしたヘッズは偉いです。

自分達のLiveもですが、ほとんどのMCのLiveは良い盛り上がりを見せてました。 

 

梅田サイファーのLiveはBattle後でお客さんがはけるんじゃないかと、不安な部分もありました。

ところが一網打尽のイントロともに、舞台に出ると2/3以上は残っていて、すごい盛り上がりを見せてくれてました。

終始「ウェルカムなバイブス」で、梅田のみんなも楽しそうで幸せな気持ちになりました。

 

あと、最後のHamayaまで残ってフロアで踊っていた人とLive中ずっと手をあげてくれていた人は、もう俺の中では「ファミリー」です。

 

振り返ってみると、すごく楽しいイベントでした。正社員さんに多謝。

 

写真はテレフォンショッキング後の決めポーズのたまこぅ。神々しい。

f:id:kz_thr:20150301181759j:plain

 

ONGR / KZ 

Twitter : @KZ_THR
・email : umedacypher@gmail.com
・Sound Cloud : https://soundcloud.com/kz_thr
・Sound Cloud : https://soundcloud.com/umedacypher
・album「Plain / KZ & doiken 」 : https://t.co/LBfYZnr9sY
・album「For Whom the Bell Tolls / KZ」 : https://t.co/4TGnETwdev